あなたの疲れ目パターンは?

目が疲れる時は必ず原因があります。

もちろんそれは人それぞれ違います。
疲れ目のパターンを見極めるためにも、いろいろな人の症状を知って、自分にあった対象法を見つけるのが大事になります。

仕事で目が疲れるなら

パソコンで作業しているとき。特に経費の数字入力を締切ギリギリなのにたくさん入力しなければならないときに自然と力がはいってしまい、終わった後、視力が落ちるように感じます。まぶたや目の周りの皮膚が痙攣すことがあります。

近くを見る作業を続けながら、急に遠くの物を見ようとするとピントが合わなく見えずらくなります。

この原因は入力などをしていると画面を見ようとして近づきすぎたりすることだと思います。また集中して入力するので無意識のうちにまばたきの回数が少なくなります。そのことで目が乾き、知らず識らずのうちに目に負担をかけてしまっていることも原因の一つだと思います。

対策としてはパソコンで入力作業をするときはブルーライトカットの眼鏡をかけて作業をする。
まばたきを意識してする。時々画面から目をそらして遠くを見る。または目を閉じる。眉頭にある目の疲れに効くツボを押す。これだけでだいぶ変わったような気がします。

コンタクトで目が疲れるなら

これまで一番目が疲れたと感じたのは、朝からコンタクトレンズをつけていた日の夜か、眼鏡を3時間以上つけつづけていたときです。

その時は目がしみて開けられなくなりテレビを見るのをやめました。
目をつむってマッサージをしようとしましたが、玉ねぎにしみるように目がシュパシュパして、目もつむれなくなりました。

眼鏡やコンタクトレンズをつけたまま一日中過ごすとそれだけで夜7時頃にはつかれています。

(途中で眼鏡を外して過ごしたり、コンタクトレンズを短時間で外したりすれば疲れません)iPadminiを持っていますが、それでゲームを30分ほどすると疲れてきます。また、テレビで映画など、2時間くらい連続して見るものに注目していると疲れます。また、iPadでの読書も20分持ちません。

対策としては、裸眼で散歩する。これが一番効果的な気がします。

ですが、日常生活でそれを取り入れるのは難しいので、週末に行っています。
平日の対策は、コンタクトレンズをなるべくギリギリまでつけないで朝の準備をします。そして帰ってきたらすぐに外し、眼鏡に変えます。眼鏡もすぐに疲れて来るので、1時間毎にはずし、眼球を揉んでマッサージします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*